医療従事者が送るバリキャリ女子のためのブログ

看護師、薬剤師、栄養士などのプロが考える家事・育児・子育てに関するアレコレをシェアするブログです。皆様の生活のヒントになったら嬉しい(*´ω`*)

家事を手放したら乗っ取るよ

こんばんわ。

 

今日伺ったお宅の方と話していたら
「早く家事を手放したい」
というフレーズが出てきて

 

川平慈英ばりに

むむむ!!!と思ったので
ブログに残しておきます。

 

家事代行サービスを仕事にしている私がいうのもなんですが
家事を全て外注化したら
家庭は壊れると思っていますww

はい、矛盾ですねー(・∀・)

 

私たち代行サービスはあくまでもサポート役なんです。
その家庭の主役になってはいけない。

住んでいる人も家事を全て担う必要はないけれど
家の主が家事の主権を握っておかないと
家庭の根本がゆらぎます。

 

仮に
トイレットペーパーをしまう場所や
フライパンの種類を決めることや
どういう洗剤を使うか

これらも私たち家事代行サービスが決めていいんですか?

私だったら効率化大好き人間なので
私が動きやすい導線に沿ってしまいますよ?
高くても自分の手が荒れにくい洗剤を選びますよ??

 

こう考えると
家事ってその人の価値観が現れやすいものなんです。
価値観がそのまま具体化したような。

 

見た目を気にする人もいれば
成分を気にする人もいれば
導線を気にする人もいれば
世界観を気にする人もいれば
感染を気にする人もいる。

 

これらを全て外へ投げてしまうと
暮らしにおける価値観も外注化することになるので
家庭を構成している家族のメンバーの価値観が薄まってしまい

あれ?そもそもなんで一緒に暮らしてるんだっけ?

あれれ??家に帰ってきてるのに家の感じがしないぞ??

あれれれ???誰も綿棒の場所知らないとかヤバくない???


この結果、家庭が壊れると思っています。
家族や暮らしの構成要素がなくなってしまうから。

 

ちょっと言い過ぎた感もありますが
仮に、私が料理も洗濯も掃除も整理整頓も
全て実施していったら
その家庭の主権をのっとる自信があります(`・ω・´)しないけど

 

なので、家事代行サービスを頼むときは
あくまでもサポート役だということを
お忘れなく(*´∀`*)

 

 

あさみ

 

 

 

家事代行サービスを利用する家庭の特徴

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

 

家事の仕事もはじめて3ヶ月目

少しずつ家族の傾向が見え始めたので
自分めも用に残しておきます。

 

1.バリキャリ女子が妻の家庭

 

このブログのタイトルにもありますが
妻がバリキャリ女子の場合
つまり、仕事のキャリアもつんで
妻としても母としても全力で臨みたい!!
・・・けど、もう無理ってパターンですね。

 

仕事から帰ってきて
子どもをお風呂にいれて
ついでに自分も最低限洗って
子どもに夜ご飯食べさせて
早く寝て欲しいから
一緒に全力で遊んで
21時には就寝。

で、自分の時間っていっても
スマホみたり
仕事の続きをしてたら
もう12時。

あ、旦那さん帰ってきてたのね・・・
眠いからもうおやすみー

こういうパターンが多いのではないでしょうか。

 

こんな毎日の中で
ご飯も作って
掃除も洗濯もして
休日も全力なんて
アイアンウーマンにしか出来ません。
普通の人なら身体か精神を病みますww

だから、家事を外注するようになるんだろうな。

 

 

2.妻が第二子妊娠中だけど元気じゃない家庭

 

第二子妊娠中だけど切迫早産気味(基本絶対安静です)とか
上の子がイヤイヤ期突入。もう一人じゃやってられない!とか
マタニティブルーを通り越してうつの人、とかです。

 

妊娠しているのに上の子を抱っこしながら買い物とか
それだけで罰ゲームみたいですよね(´・ω・`)腰砕けるわ

だから、ほとんどのご家庭が
生協 or オイシックス or Amazonのヘビーユーザーです。

ただ、食材が届いても調理する元気なし。
そこで家事代行サービスに依頼する訳です。

 

この2パターンが多いですね。

 

 

 

ここでいつも疑問に思うのは

旦那どこにいった(´Д`;)???

 ってことですね。

 

家事代行サービスの依頼者のほとんどが女性です。
つまり、家事の多くを担っているのは
いまだに女性ということ。

 

いやいや、男性だって
フルで働きながら頑張ってるよ
育メンって言葉も生まれたでしょ?
って意見もあるでしょう。

 

ただ、それってあくまでも

(女性主体の家事・育児を)手伝っている

という考えが根底にあるものなんじゃないかな?と思います。

一緒に暮らしているなら
家事・育児には夫婦それぞれに
100%の責任があってもいいのになー
と思わざるを得ません。

ま、私は独身なので戯言に聞こえるでしょうが。

 

 夫よ。皿洗いやゴミ出しをやっただけで
満足するなよこの野郎(`・ω・´)
ってことです。

 

 あさみ

作り置きの応用

 

金曜にあさみちゃんに来てもらい
金 土 日と順調に活用。

 

ポテトサラダをパンに挟んだり
揚げ浸しをうどんにかけたりして。(o^^o)

旦那さんが買ってきた甘辛手羽先の横にも
キャベツとツナの和え物を添えたりしちゃいました。

 

 

f:id:asami300765:20160821220044j:plain

 

日曜は旦那さんが疲れた私を気遣い
と言うか寝不足で午前中グッタリしていた‥‥‥ので

長女を連れて遊びに行ってくれた。涙涙

自分だって、昨日も深夜まで休日出勤だったのにぃ〜!素晴らしい旦那さん。

 

てなわけで、一人ランチに冷凍しておいたオニオンスープでポテトチーズトーストランチ。食べようとしたら次女が泣き出して慌てて食べちゃいました。

 

 

 

 

f:id:asami300765:20160821220405j:plain

 

 

あ〜。

作り置きがあるって素晴らしい!!

 

 

 

 

えりこ

 

 

 

初日

家事を初めてお願いする日。

とりあえず前日生協で普段より多めに買って
応用効きそうな合挽き肉も。 

 

家にある保存容器をあるだけ出してみた。

無印のホーローはカッコ良くて気分があがるが、レンチンが出来ず。
直火なら加熱可能だけど
なんだか怖くてまだしたことがない。

中身が見えないので作り置きにはどうなのか?
これから様子をみてみよう。

透明の保存容器は見た目はイマイチだけど
レンチンできるし中身が見やすい。

ガラスだと透明でオシャレだけれど
ちびっ子がいる我が家ではまだ危ないかな〜と思い取り入れてない。

 

これから慣れてきたら、容器を使いこなせるかな。

 

 

用意したもの

 

f:id:asami300765:20160821213811j:plain

 

 

あさみちゃんは手際良くメニューを考えてくれた。
私だと応用が効きそうかどうか、まだよくわからない。( ̄▽ ̄)

 

 

そんなこんなであっと言う間にできちゃいました。

f:id:asami300765:20160821215147j:plain

 

えりこ

家事を頼むということ

今回家事を頼もうとしているえりこさん です。
(自分でさん付けはどうかと・・・笑)

 

 

今、2人目の育児休暇中です。

長女3歳と3ヶ月の次女の育児に家事に奮闘してます。
核家族で双方の実家は遠方なのと、
平日は旦那さんは帰りが遅いです。

 

いずれ仕事復帰を考えていますが
今の大変さを思うとかなりハードルが高くてどうしよう・・・
と、考えていたところの救世主あさみちゃん! 

 

人に家事をお願いするのは抵抗があったけど
最近よく見る働くママの雑誌でも
何かをチェンジしなければ働くママの気持ちの余裕は保てない
とあってここは娘たちに気持ちに余裕を持って接するために
時間を買うつもりでお願いすることにしました。

 

 

家事って奥深い。

たくさんのタスクがあり
同時進行していたり予測をして動いたり。
極めたら楽しそう!!

ついでに、料理が得意でないので
あさみちゃんに教わりながら上達できたらいいな。

 

えりこ

家事をお願いしようとした事

今回、あさみちゃんとのランチがきっかけで
家事をお願いしようとしている。

 

数年前の私なら、そんな事思いもよらなかった。
家事にお金を払うなんて
庶民の私には贅沢や怠慢ではと思っていた。

 

3年前、長女を出産。

7ヶ月の時からベビーシッターをお願いして仕事復帰。
その後認可保育園とベビーシッターを併用して仕事をしてきた。

 

こどもが出来て、食事を以前より気にするようになった。
全てオーガニックとはいかないが
添加物などを考えるとはあまり市販のものばかりもなあ〜と感じ始めた。

 

私の母は働いていたので、私はもっぱら祖母の作る食事で育った。
しかし、祖母は粗食だったし母も料理熱心ではなかった。
愛情はいっぱい感じてはいたが、
小学校に入り給食で初めて食べるメニューが多かった。笑
私は小学校の時に肥満児だった。

 

そんな事もあり、自分の子どもには食事は気をつけてあげたい。
仕事もあるから完璧にはできないけれど‥‥と思っていた。

 

長女が3歳で次女を産んだ。

赤ちゃん返りプラスいやいや期もまだ抜けて内密に長女。
赤ちゃんのお世話をしながらの長女の食事作りは
今まで以上に私には荷が重かった。

もっと野菜を使い、品数も増やしてあげたい。
でも都心の核家族での育児。
旦那さんは今は仕事が忙しく平日は帰りが遅い。
負担は私にかなり来る。

 

旦那さんもあまり野菜を食べないので体調管理返り気になった。

 

雑誌で作り置きの特集や、時短家事など見たけれど身体がついていかない。
今でこれなら、育児休暇身体が復帰したら私はどうなる??無理だ!

もう、これは割り切るしかない。
子どもに笑って接するためには私に余裕がなくては!!
もう、出来ないことは人に頼もう。
それは投資。精神的な投資なんだ。

 

そう思えた途端、あさみちゃんのは家事のお仕事を聞いた。

神様ありがとう!

他人が家に入るのは抵抗あるけれど
あさみちゃんなら大丈夫〜。
一気に精神的なハードルクリア。笑

 

 

そんなこんなで、私の家事をお願いしながらの育児が始まります。

いつか少し余裕が出てきたら
自分でも家事をできるようになりたい。
娘には一通り教えてあげれる。

 

えりこ

作り置き

唐揚げ

ポテトサラダ

きゅうりのごま和え

夏野菜の揚げ浸し

きんぴら

キャベツのツナあえ

ピーマンの肉詰め

オニオンスープ

 

 

f:id:asami300765:20160821215244j:plain

 

 

f:id:asami300765:20160821215315j:plain

 

 

この日の夕食と次の日旦那さんが急遽休日出勤になった時に、ささっ!と出来ました。

f:id:asami300765:20160821215648j:plain

 

やはり、気持ちに余裕ができる〜!!

旦那さんも、育児でフラフラしているのにお弁当が朝できていてびっくりしてくれた。

「作ってくれたの?」(^○^)と。

もちろん、あさみちゃんが前日来てくれている話しはしていたけど
それでも嬉しいらしい。笑

良かった良かった。

 

えりこ