医療従事者が送るバリキャリ女子のためのブログ

看護師、薬剤師、栄養士などのプロが考える家事・育児・子育てに関するアレコレをシェアするブログです。皆様の生活のヒントになったら嬉しい(*´ω`*)

まずは全体像の把握から・・・

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

 

気がつけば随分と更新を忘れておりましたww

毎日更新するのは難しいですが
もう少し頻度を上げていきたいと
心だけは思っています(・ω・`)

 

 

さてさて
家事をはじめ
経理、移動、確定申告などなど
様々な業務に関して
アウトソーシング=外注化

が流行っていますよね。
ま、その方が安く効率的に業務が進むので
メリットは大いにあると思うですが。

 

ただ、それって
全体像を把握した上での外注化じゃないの?
って思います。

実は、この全体像の把握っていうキーワードは
看護学生・看護師が
教員・先輩から耳タコになるまで言われるセリフなんですww

学生「この患者さんはリハビリに意欲的じゃないのが問題なんですが・・・」
教員「その前に全体像はどう把握してるの?本当にそれが問題なの?」

みたいな使い方をよーーくされます。

 

看護的に言うと
病気や障害だけにフォーカスするのではなく
まずは一人の人間として(全体像)理解して
そこから介入するべき問題を掘り下げましょう、という感じですね。

 

これを家事に置き換えると

掃除出来ない
自炊する時間がないという問題だけにフォーカスして
安易に外注化するのではなく

自分の生活全般を一度理解して
外注化することと
自分がやるべきことはなにかを明確にしてみるのが
先決なんじゃないの?って感じになります。

 

そうじゃないと
家族の意味、とか
一緒に暮らしてる意味、とか
生活を共にする意味、とか
底辺からぐらついてきます。

現に家事代行サービスでたまーに
家族というコミュニティが崩壊しているところがあって
非常に悲しくなりますもの(´;ω;`)

 

家事に追われている女性
もちろん、男性もそうですが

外注化するにあたり
まずは、自分の生活の全体像を把握してみても
いいんじゃないかと思います。

 

オススメなのはタイムテーブルで生活に関する行動を書く事。

朝起きてから夜寝るまでの行動を時間単位で書いてみる。
きっと、予定していた計画よりも実際は大きく違うし
意外と時間を使っている行動があるものです。
スマホさわってたりテレビみてたり
ごろごろしてたり。

そういう時間を自分で数字的に把握するだけでも
意識が変わるのでやってみるといいと思います(*´∀`*)

 

ではではー(o・・o)/